[太陽光発電]+[蓄電システム]

太陽光発電標準搭載により、もしもの時も電力を確保することができます。家庭で使う電力の大半をまかなうことができるので、光熱費を大幅に削減し、CO2排出量削減に大きく貢献します。余った電気は電力会社に売ることもできます。※1

※1:2011年の売電価格は
42円/kWhとなります。

太陽光で発電した電力を蓄電池に蓄えて活用できるので安心してお住まいいただけます。夏場に予想される電力不足や、災害時に商用電源が遮断されても、生活に必要な家電などの設備を蓄電池で動かせるので、ライフラインが確保できます。
こちらもご覧ください

もしもの時の備えに
「業界に先駆けて導入した、創エネ・蓄エネシステム」

蓄電池を導入されたお客様から「計画停電時に助かりました」と多くの声をいただきました。

先頃、一部の地域で実施された計画停電。日頃から空気のように当たり前に電気を利用していると、いざ電気が止まると日常生活の多くのことが電気に頼っていたことを再認識させられます。 サンヨーホームズのオーナー様にも、今回の計画停電で電気のありがたさを再認識され、非常時の電力確保の必要性を実感された方が多くいらっしゃいます。電気の供給不足が懸念される中、万一の備えが日常の備えとなる可能性を、サンヨーホームズは早くから住まいの提案に織り込んでいます。
「朝・昼・夜それぞれに計画停電を経験しました。昼間はさほど問題ありませんでしたが、夜の灯りは非常に大切だと感じました。蓄電池のおかげでリビングやトイレの照明を点灯しておくことができました。住まいの中を照らす光があると行動半径が広がります。今後また大きな余震などがあった場合も、電気があるかないかで対応や行動に違いが出てくると思います」
「正直、こんなにも早く(蓄電池の)出番があるとは思いませんでした。蓄電池を入れて良かったなと、あらためて痛感しました。急な需要で懐中電灯や乾電池などが手に入りにくくなる中、慌てる心配がないのは助かりました。照明だけでなく、蓄電池からのAC電源でテレビが見られたのもうれしい、地震のあとは最新の情報を常に知りたいですから」
Page TOP