【実例紹介】お客さまの声

サンヨーホームズで建ててよかった! お客さまインタビュー

動線計画・居室配置など、フロアごとに暮らし良さを追求。

■1階床面積/109.31㎡(33.07坪)
■2階床面積/106.82㎡(32.31坪)
■延床面積 / 216.13㎡(65.38坪)
■建築面積 / 113.45㎡(34.32坪)

上下階で住み分けた、完全分離型プラン。
1階を親世帯S様邸、2階を子世帯I様邸として、すべての生活機能を世帯ごとに確保しています。 空間構成のポイントは、両世帯とも南側に設けた明るいLDK。ワンルーム構成で、開放感あふれる集いの場を実現しています。 さらに、1階では寝室、2階では来客用寝室にもなる和室を中央に置き、浴室・洗面・トイレとの動線を短く設計するなど、 日々の使い勝手の良さも実現。また、2階キッチンの下は和室、1階寝室の上は和室とするなど、 上下階での生活機能の重なりをできるだけ避けながら各居室を配置。お互いが快適に暮らせるよう様々な視点から配慮しています。

1階 親世帯

ダイニングとワンルームで明るい南側に配置した1階リビング。斜めにレイアウトされた入り口、天井まで届く格子ドア、 壁に施された印象的なアクセントデザイン、白い壁とウォールナッツの床のコントラストが、落ち着きある大人の空間をつくりだしています。 掃き出し窓を開けると庭先にデッキが広がり、さらに開放的な大空間が生まれます。

シックなレッドを扉色に選ばれたキッチンは、奥様のご要望でフルオープンの対面式に。「リビングの様子までひと目で分かり、 キッチンにいながら家族や来客との会話が楽しめるのがいいですね」。キッチンの奥に勝手口を設け、南北に抜ける風の通り道も確保しています。

ご主人のご要望で土間タイルをダイヤ状に敷き詰めた親世帯玄関。床に合わせダークな色味を選んだ玄関収納と白い壁のコントラストが、すっきりとした表情を描きだします。

広い1階ホール。約1.8mの幅を持たせた廊下、天井までの高さでしつらえた寝室とリビングのドアが、一層ののびやかさをつくりだしています。

1階6畳の和室空間は、仏間兼客間として、リビングとは切り離し独立させています。

1階寝室は約10畳の広さを確保した、ゆったりくつろげる空間。 左手引戸の奥には、収納量たっぷりの約4.5畳のウォークイン・クローゼットが広がります。 照明はリビング・ダイニングとお揃いに。デスクコーナーの上にはダウンライトを設置し、光量を補っています。

アクセントカラーにキッチン扉と同系色を選ばれた1階浴室。プライベートタイムでの使い勝手を考慮し、 洗面・トイレとともに寝室と向かい合う配置で動線を短く設計しています。

2階 子世帯

キッチン扉を明るめのレッド系色に、床をホワイト系にまとめ、若々しいイメージを演出した2階子世帯のLDK。 将来的なお子様とのコミュニケーションを配慮して、子供部屋へはリビングを通っていくように計画しています。

子世帯玄関は白を基調にした明るい表情。内部ドアで親世帯フロアと行き来しやすくなっています。 「用事があるときなど、階段を下りてすぐ1階フロアに行けるので便利です」と若奥様。

子世帯は寝室の床だけを、1階と同じダーク色にコーディネートし、プライベート空間にふさわしい落ち着いた雰囲気に。

子育てが始まったばかりの子世帯洗面室には、収納スペースを多めに設けています。

子世帯の和室はリビングと一体化して使える構成に。「子供連れでお友達が来たときなど、子供達の世話もしやすいですね」。 扉を閉めれば、独立した和室として多目的に使えます。

外回り

ガレージを大きく建物側に引き入れ、立体感を描いたファサード。街並みに対しては上品に窓を配置、 すっきりとした黒のライン使いで落ち着いた佇まいをつくりだしています。

南面屋根には、約3.2kWの太陽光発電パネルを搭載。「現状、ほぼ自給率100%が達成できています。 自然と節電・節水意識も高まり、エコライフを楽しんでいます」と奥様。

ガレージは車2台がゆったり駐車できるスペースを確保。食糧品などの持ち運びがしやすいように、勝手口で1階親世帯キッチンと直結させています。

門扉と段積み調タイル塀に濃いグレー系色を選び、シックにコーディネート。(外側から見たところ)

ガレージ側白壁に埋め込んだガラスブロックが、アクセントカラーとして美しい光の揺らめきを見せてくれます。(内側から見たところ)

左が親世帯、右が子世帯の玄関ドア。
アプローチのステップの位置をずらし、両世帯それぞれの動線をつくりだしています。

奥様が要望された、のびやかなデッキスペース。「夏には孫とプール遊びをしたり、家族みんなでバーベキューを楽しみたいと思っています」とのこと。

施主様

お互いの独立性を保ちながら、2世帯が仲良く暮らす家。

ご夫妻だけの暮らしに合った住まいへの建て替えを検討されていたS様ご夫妻と、出産を控えより広い家探しを検討されていた長女ご夫妻が、 2世帯同居住宅という形でそれぞれの夢を実現されたS様・I様邸。「当初、平屋で計画していたときに選んだのがサンヨーホームズさんでした。 スタッフの方々の誠実な人柄に加え、頑丈な家にしたいという点から、しっかりとした基礎や鉄骨構造など耐震・耐久性能の高さが決め手に。 実際は2階建てになりましたが、安心してお任せできました。遮音性能も高く、2階世帯とお互いに気兼ねなく快適に暮らしています」。

担当スタッフ
担当スタッフ
営業
花博店
奥田 典宏

客観的に、誠実に
いつも心掛けているのは、ご要望を踏まえた客観的アドバイス。メリットもデメリットも誠実にお話しすることが信頼につながり、 それが今回もお客様に納得いただける住まいづくりにつながったと思います。

担当スタッフ
設計
大阪支店
児玉 哲志

世代に合わせた暮らし良さを
1階親世帯S様邸は、ご要望に合わせて落ち着いた感じのインテリアでLDKを広く設計。 2階子世帯I様邸は子育て中心のライフスタイルを考慮し、畳スペースの配置や子供室への動線などを工夫しました。

担当スタッフ
工事
大阪支店
武部 光志

美しい納まりを目指して
長くお住まいの旧宅の建て替えでしたので、近隣様への十分な配慮、円滑な工事進行を留意。 ご主人様こだわりの1階玄関ホールの仕上げは、お立ち会いの下でイメージを確認し、より美しい納まりを目指しました。

担当スタッフ
インテリア
コーディネーター
大阪支店
内山 美奈子

全体のバランスの中で
1階はダーク系で落ち着いた大人のイメージを、2階は明るい開放感と居心地よさを心掛けました。 またポイントの1つである1階リビングの壁アクセントは、TVボードなど家具配置も踏まえご提案しています。

戸建住宅【実例紹介】TOPへ戻る