【実例紹介】お客さまの声

サンヨーホームズで建ててよかった! お客さまインタビュー

「帰りたくなる家」をコンセプトに、楽しさと落ち着きを併せ持つ住まいを実現

■1階床面積/ 81.57㎡(24.67坪)
■2階床面積/ 80.33㎡(24.30坪)
■3階床面積/ 79.50㎡(24.05坪)
■延床面積 /241.40㎡(73.02坪)
■建築面積 / 92.75㎡(28.06坪)

フロアごとに機能を使い分けながら、コミュニケーションとプライベートの両方を確保する住まいを実現しました。 1階はアミューズメントルームと書斎などを配置し、家族もゲストも楽しめる空間に。 2階はLDKを中心に水まわりを配置。家族のコミュニケーションを図るスペースとしました。 3階は生活時間がマチマチの家族が気兼ねなく暮らせるようにと一人ひとりの部屋を配置しています。 また、1部屋に1つ以上のクローゼットを設け、全体で20%以上の理想的な収納空間を確保しています。

コミュニケーションスペースとプライベートスペースを両立させ、
部屋ごとにテーマ性を持たせてプランニング

リビングとダイニングキッチンをスライドしてレイアウトし、動きやすい動線を確保しながら視覚的に面白い空間を実現。 DKは床暖房を採用した大理石調の白いフローリングに、レッド系のシステムキッチンが映えています。 また、キッチンの奥には洗濯物置きやアイロン掛けができる便利なユーティリティーを配置。 リビング側には60型テレビを置けるシステム収納を設置し、家族が集えるように大きなソファを配置しました。
ご主人はベースやギターの練習、奥さまはカラオケ、娘さまはピアノの練習と、音楽を存分に楽しめる防音仕様のアミューズメントルーム。 アップフロアの上にはバーカウンターを配置。 室内を見渡しながらグラスを傾けておられます。
ご主人の仕事場兼書斎。
木製の書棚を2列設け、
約2000冊の蔵書を収納できます。
ゲストが泊まれる客間。壁と天井は紫のクロス貼り、床は格子柄の畳を採用し、斬新なインテリアに。 廊下や階段のあちこちにニッチを設置。お気に入りの小物を飾っておられます。
広い浴室の外側にはインナーのベランダを配置し、窓を開けても外から見えないように配慮。 ブルーライトの演出で「青の洞窟」のような幻想的な空間に変わります。 また、奥さまこだわりのミストサウナも設置。娘さまはiPodを接続して音楽を聴きながら入浴を楽しんでお られます。 アジアンチックなインテリアにまとめた洗面脱衣室。 娘さま2人が朝の身支度をスムーズにできるように、ダブルシンクの洗面化粧台を採用。 ご主人こだわりのホームサウナは、身体にやさしい遠赤外線式です。 トイレはコンクリート打ちっぱなし風のクロスを採用。便器と手洗い器の間には透明アクリルパネルを設置し、シャープな印象にまとめました。
娘さまの部屋は白を基調にコーディネイト。天井には蓄光クロスを採用し、暗くすると星空がきらめくように演出。 また、長女と次女の部屋はベランダを通って行き来できるようにしています。 寝る前に行けるように3階にも設置したトイレ。鮮やかなピンクの壁紙で個性的な空間に。 3階廊下は間接照明をつけると、ホテルの回廊のような落ち着いた趣になります。
奥さまの寝室のウォークインクローゼット奥には、隠し部屋風にパウダールームを設けました。 ご主人の寝室はシックなインテリアにまとめ、デスクで仕事ができるようにしています。
外観はオシャレなキュービックスタイル。モノトーンのカラーにシン ボリックな赤の玄関扉が際立ち、重厚感のなかに斬新さを感じる 外観になっています。
外観をキュービックなスタイルに保つため、ベランダをインナーに引き込みました。
そのベランダにはルーバーを設置し、セキュリティを高めています。
地球環境への配慮を考えて設置した太陽光発電システム。住まいの電気のほとんどをまかなっています。
モノトーンのインテリアに赤い扉が映える玄関ホール。花粉を家の中に持ちこまないように、玄関脇にはコートなどが収納できるシュークロゼットを設置しました。
家のなかを覗かれないように背の高い門扉と、シャッターゲートを設置しました。
施主様
施主様

「帰りたくなる家」をコンセプトに、楽しさと落ち着きを併せ持つ住まいを実現

お子さまの成長にともない、住まいづくりを計画されたK様。数多くの住宅展示場を見学し検討された結果、「土地探しを含めて、切れ目なくフォローし、私たちのリクエストに柔軟かつ迅速に対応していただいた」との理由でサンヨーホームズを選ばれました。 ご主人と奥さまが熟考の末、住まいづくりのコンセプトにされたのは『帰りたくなる家』。 各部屋にテーマ性を持たせ、楽しさと落ち着きの両方を感じる住まいとなりました。 「どの部屋でもゆっくり落ち着けるようになり、娘も家が楽しいのか学校から早く帰ってきます」。 まさにコンセプト通り『帰りたくなる家』を実現されています。

戸建住宅【実例紹介】TOPへ戻る