戸建住宅【実例紹介】

お子様がのびのびと過ごし、家族が楽しく集える暮らし

■1階床面積/103.10㎡(31.19坪)
■2階床面積/ 96.89㎡(29.31坪)
■延床面積 /199.99㎡(60.50坪)
■建築面積 /105.17㎡(31.81坪)

作業台や学習机を併設した広々LDKを中心に、
親子の笑顔があふれる、ゆとりと憩いの住プラン。

「みんながいつも集まるお気に入りの場所」とご主人が語るLDKは、ゆったりとくつろげるリビングに加えて、作業台や学習机を併設したキッチンが特徴です。 「子どもと一緒にお料理を作ったり、目が届くところで勉強をさせたり、とても使いやすいですね」と奥様。 そのほか回遊できる間取りや廊下を採用し、スムーズな動線を確保しています。
ダイニングを中心として左右に広がるLDKは、およそ35畳におよぶ大空間。見通しの良い間取りとする一方で、構造上の柱に意匠 の柱を組み合わせることにより、ダイニングとリビングのスペースを軽く区別しています。インテリアはブラックウォルナットのフローリング やダークブラウンの家具でそろえ、飽きのこない色調にまとめました。
南側から差し込む陽光も相まって、開放感がきわだつリビングスペース。 広く窓を設けながらも遮熱ガラスを採用することで優れた断熱性を実現。 配色に遊び心を利かせたバーチカルブラインドや装飾性を持たせた天井が、空間を軽快に演出します。
1階は階段まわりに収納を併設。
使い勝手の良いL型キッチンに、アイランド型の作業台を併設。 盛り付けなどの際に活用できるほか、お子様と一緒にお料理を楽しむときにも重宝。いつでも親子が触れ合える工夫です。
お子様の勉強机兼パソコン机は、ダイニングの椅子を逆側に向けるとそのまま利用可能。 ここに太陽光発電のモニタも設置しています。
1階に設けた8畳の和室。将来的にご主人の親御さんが来られても対応できるように用意しました。
家族で入れる広さとシックな内装にこだわった浴室。
対照的に手前の洗面室は白が基調の明るい雰囲気で、リビング側と廊下側の2ウェイになっています。
他のスペース同様にゆったりとした空間を確保した1階のトイレ。 「ときには本を読みたい」というご主人のご希望から、かたわらにちょっとした棚も造り付けました。
お子様2人の洋室は、現在は大きなワンフロアとして使われておりますが、 成長に合わせて将来2室に分けることも想定した設計になっています。 女の子ということで、それぞれ大きめのクロゼットやウォークインクロゼットを完備しています。
2階は階段室を取り巻くように廊下を配置し、和室を通り抜けてぐるりと 1周できる造り。約1mの幅広の階段も含め、機能性や開放感、安全性に配慮しました。
2階に設けた6畳の和室は、客間として利用。 そのため、階段側だけでなくトイレ側にも出入口を設置し、お客様が使いやすいような造りとしています
大きめのベッドやテレビボードを置いても余裕がある主寝室。 奥に続く書斎スペースをオープンスタイルとすることで、奥行きをきわだたせています。
主寝室には多目的に使える書斎を併設。
収納力のある約3畳のウォークインクロゼットも設置。
玄関ホール正面の壁は、上半分にエコカラットを採用。
その一角に2段の小さな飾り棚も設けました。
石組風のアクセントタイルとシンボルツリーのシマトネリコが迎えるエントランスアプローチ。 緩やかなステップを設け、両開きの玄関扉へと導きます。
日当たりの良い南側の屋根に3.15kWの太陽光発電システムを搭載。 オール電化システムと併せて導入することにより、6LDKの規模のわりには電気代の実質負担がかなり安く抑えられているとか。
高効率給湯機エコキュートはお子様が女の子ということも考慮して大容量タイプに。
鮮やかな芝生を敷き詰めた庭は、お子様が転んでも危なくないようにとの配慮から。 「手入れは少し大変ですが、見た目もきれいで良かったと思います」とご主人。 季節が良い時期はプールやバーベキューなどの楽しみも!
施主様

お子様がのびのびと過ごし、家族が楽しく集える暮らしを提案

お子様の成長とともに賃貸アパート生活に手狭さを感じ、もっと広い空間が欲しいという思いを募らせていたO様。 数年前から探していた理想の土地が見つかり、具体的なプラン作りが始まりました。 一番に掲げたテーマは、お子様がのびのびと過ごせて、自由に走り回れる住まい。 「とにかくリビングが広いこと」とのリクエストに応えた約35畳のLDKをはじめ、親子で楽しく集える工夫がちりばめられています。 また、外観は「シンプルだけどお洒落な感じ。洋風すぎず、タイルとのバランスがいいですね」と奥様。 エレガントでゆとりあふれる雰囲気のなか、家族4人の笑顔が絶えません。

担当スタッフ
担当スタッフ
営業
中部支店
檜山 ありさ

総合的なサポートが信条!
プラン初期の段階で実際に入居済みのお宅へご案内し、オーナー様の生の声を聞いていただくことにより、完成後のイメージを持っていただきました。 決め手は、営業や設計を中心とした提案力とサポート力だと思います。

担当スタッフ
設計
中部支店
桂川 守

お子様への配慮がいろいろ
「お子様がのびのびできる空間づくり」が当初からのコンセプトです。 親子で料理やお菓子作りが可能なキッチン、楽しみながら勉強をできるキッチン横の学習机、幅広のリビング階段など、お子様のことを考えて設計しました。

担当スタッフ
インテリア
コーディネーター
中部支店
宮田 みどり

ひと工夫を利かせました
インテリアは全体に落ち着いた雰囲気にまとめつつ、LDKのバーチカルブラインドの色使いにひと工夫し、視覚的な変化を添えました。 また、リビングの天井は少し装いを変え、ダイニングと異なる雰囲気に演出しているのも特徴です。

担当スタッフ
工事担当
中部支店
岸上 憲太郎

見栄えも美しい住まいです
玄関がある建物の正面は北側にあたるものの、間取りとの兼ね合いも考慮しながら窓のサイズやレイアウトにまでこだわっているのがポイントです。 住まいの顔になる大切な部分ですから、見栄え良く仕上げさせていただきました。

戸建住宅【実例紹介】TOPへ戻る