「サンダブルエックス」耐震と制震のハイブリッドシステム

ECO & SAFETYサンヨーホームズは住宅メーカーで初めて、強くて揺れにくい「制震構造」を標準搭載(戸建全商品)
ハイブリッド耐震システム
地震の揺れを小さく抑える強靭な「耐震」構造に、地震の揺れを吸収する「制震」の技術をプラス。地震の揺れを最大役50%に軽減し、家自体の損傷はもちろん、危険な家具の転倒抑制にも効果があります。免震構造とは異なり、敷地や地盤による制限が少ないのも特長です。
地震の揺れを最大約50%抑える新開発の「制震ダンパー」
新開発の制震ダンパー「サンダブルエックスダイナミックダンパー」は、サンヨーホームズ独自の技術によって生まれました。株式会社ブリヂストンの技術である「高減衰ゴム」を“サンドイッチ式”に組み合わせ、これを“上下2段(ダブルX)構造”とすることにより、効果的に地震エネルギーを熱エネルギーに変換し揺れを低減するものです。この制震ダンパーを当社の「高耐震構造(GSフレーム)」に加えた「実大震動実験」を東京大学生産技術研究所の協力を得て実施し、地震時の揺れを最大約50%低減(※1)できることを確認しました。高減衰ゴムには「速度依存性」がありますので、地震が強いほど大きな効果を発揮します。
SanDouble-X
※1 当社従来比。建物規模や地震波の特性、建築地の地盤条件により異なります。
 「サンダブルエックス」の仕組みと特徴
何故、高減衰ゴムなのか?
何故、高減衰ゴムをサンドイッチにするのか?
何故、ダブル-Xにするのか?
(1)
高減衰ゴムは復元性能が優れているだけでなく、伸びも6倍以上!
(2)
力が加わると、制震デバイスがねじれてしまい、確実な効果を発揮できません。
(3)
サンドイッチすることで、力がバランス良く伝達でき制震効果を発揮できます。
(4)
左の制震装置(M社相当)の変形量を100とすると、右の2分割(ダブルエックス)の変形量は半分の50で済みます。これは、高減衰ゴムの破断を防ぐだけでなく、繰返しの大地震においても、無理な力が加わらず、高減衰ゴムがダメージを受けずに長持ちします。

制震ダンパーに採用した高減衰ゴムは、高層ビルの免震装置で実績と信頼のあるブリヂストン社製を採用。高い復元性と減衰性を合わせもっています。最先端の高分子技術とナノテクノロジーから生まれたこの高減衰ゴムを応用して、サンヨーホームズは独自の制震ダンパーを開発しました。
 「サンダブルエックス」の配置例と他工法との違い
層間変形角(※2)の少なさ業界トップクラス(1/423)の「高耐震構造(GSフレーム)」をそのままに、「制震ダンパー」を1階の間仕切部に東西方向、南北方向に各1枚(※3)計2枚設置し、より高度な安全性を実現しています。「制震ダンパー」は地震によるダメージを受けることがないため、繰り返し発生する大地震や余震の際にも大きな効果を発揮します。
耐震構造だけでは、大地震の際、耐震要素がダメージを受ける可能性があります。

※2 地震時の建物の水平変形量をその階の高さで割った値
※3 建築面積100m2以下の場合。

前画面へ戻る

Page TOP