ニュースリリース

2022年4月28日
サンヨーホームズ株式会社

「STOP感染症大賞」において最優秀賞を受賞

室内空気環境提案
スマeAirスマイーエアー・プレミアムパッケージ」が評価

 このたび、サンヨーホームズ株式会社(代表取締役社長:松岡 久志、本社:大阪市西区)は、住まいにおける空気の汚れやウイルスなどの困りごとに対して解決する室内空気環境提案「スマeAir・プレミアムパッケージ」が、一般社団法人レジリエンスジャパン推進協議会が制定する「ジャパン・レジリエンス・アワード(強靭化大賞)2022」の、感染症対策に資する先進的な取り組みを表彰する部門賞『STOP感染症大賞』」において「最優秀賞」を受賞しました。
 本提案は、住まいにおける暮らしの充実や室内空気環境に対する不安が露呈したことから、今回の空気環境のパッケージ提案を実現。空気中の汚れやウイルス、家族が密集した時のCO2濃度など、帰宅から就寝までの不安を丸ごと解決し、これからのノーマルな暮らし方として、設備機器から間取りの提案まで、お子様から高齢者まで、体にも財布にもやさしい室内空気環境を提供するという発想で家庭内の減災に努めています。これらの提案が、アフターコロナ時代に求められる住宅性能向上のフラッグシップモデルとして、広く周知することを目的としています。  
<受賞内容の概要>
1)レジリエンス性(防災・減災)
空気浄化やCO2濃度など室内空気質をウイルス等から守る減災提案であること
2)先進性・持続性
初期費用やメンテナンスの負担を抑え、誰でも使いやすいユニバーサルデザインを目指し、センサー利用による運転の自動化実現など、導入ハードルを下げる工夫であること
3)技術性・先駆性・革新性
住宅業界で先駆けて厚生労働省が推奨するCO2センサー換気を導入し、プロテクトルームなど間取りにおける先進的な取組みであること
4)持続性・継続性
メンテナンスの負担や維持費用を抑え、機器の自動運転による操作負担も抑えられ、長きに渡って使用できること
5)波及性
幅広い世帯に向けて提案ができ、新築住宅に限らず既存ストックの改善リフォームへの展開等、幅広く波及させていくことが可能であること

ジャパン・レジリエンス・アワード(強靭化大賞)
について

一般社団法人レジリエンスジャパン推進協議会が主催する、次世代に向けたレジリエンス社会構築へ向けて強靭な国づくり、地域づくり、産業づくりに資する活動、技術開発、製品開発に取り組んでいる先進的な企業・団体を評価、表彰する制度です。

※ 汚染物質等の流入を完全に遮断するものではありません。実験等に基づくものであり、効果を保証するものではありません。

「スマeAir・プレミアムパッケージ」を含む
サンヨーホームズが提案する健康住宅についてはこちらをご覧ください。

お問い合わせ先

サンヨーホームズ株式会社 営業推進部

〒550-0005 大阪府大阪市西区西本町一丁目4番1号 オリックス本町ビル
TEL:06-6578-3407 (担当:藤巻)

前画面へ戻る
Page TOP