賃貸・福祉住宅 > 建築実例 > 医院・クリニック実例
M診療所 (大阪府)

●所在地 / 大阪府

●延床面横/188.80㎡(57.11坪)

●建築面横/193.77㎡(58.61坪)

工場跡地の有効利用法を検討されていた土地オーナーのT様と、診療所の開業地を探されていたM先生。 それぞれにサンヨーホームズをパートナーとして選ばれたご両者の出会いから生まれたのが「M診療所」です。 広い敷地を生かし、車での来診に備え広い駐車場を前面に配置するとともに、平屋建築でバリアフリーを徹底。 地城医療への貢献という大きな役割を果たしています。

Page TOP

レントゲン室・CT室・処置室・リハビリ室を完備。
医療専用施設としての機能を、使い勝手よく実現。

明るさの中に落ち着きも感じられる、ゆったりとした待合室。
左側に診察室やレントゲン室、右側に高齢者の利用が主となるリハビリ室を振り分けて配置。
人口から受付まで点字ブロックでも誘導。2段になった受付カウンターの低いほうは、車椅子の方のために。
駐車場から診療所内部まで、段差なしの全面フラット設計で、車椅子での利用に備えています。
Page TOP
廊下は、車椅子利用の際こもゆとりがあるように、幅を十分に広く確保。市の条例にのっとり、ドアは引戸タイプを、取っ手はつかみやすい大型タイプを採用レています。
調剤室は受付のすぐ後ろに設け、受付との動線を短く、連携よく設計しています。
キッチン・勝手口・トイレなどスタッフ用設備は、使い勝手よくコンパクトに集約。
Page TOP
レントゲン室は、壁・ドアに、鉛板のX線遮断仕様を採用し安全性を確保しています。 レントゲン室とCT室の間に配した操作室。両室の操作を1室で兼ねるプランニングで、スペースを有効利用しています。
CT室は、レントゲン室同横にX線遮断仕様で安全性を確保するとともに、基礎地盤もしっかりと補強。
Page TOP
診案室は受付に隣接させて、患者さんの処置室側への動線と、リハビリ室への動線が交わらないように配慮しています。 南東に配された処置室。
明ろく清潔なイメージが実現された空間です。
Page TOP
内科・脳神経外科・リハビリテーション科という静痛科目から予測される息者さん暦に合わせ、広めのスペースで計画したリハビリ室。医療点数面での加算条件となろ広さ(45㎡以上)もクリアしています。 来詩者用トイレは、車椅子でもゆったりと利用将ろように設計。バックヤードは、検査用の流し、カウンター、収納ボックスなどを橡能的にプランニング。
Page TOP

<提案ポイント>

●限られたスタッフでも全室の様子に目が行き届やすい、ワンフロアの平屋建て設計。
●来診者層に合わせた、全室を車椅子でも移動できるバリアフリープラン。
●来診者がスムーズに移動できるように、受付・診療室を中心に各室を配置。
●スタッフが効率よく作業できる、裏動線を確保した機能的な動線計画。
●限られたスペースを有効利用し、CT室を実現。
●リハビリ点数加算に対応した、45㎡以上のリハビリ室を実現。
●立地条件を考慮し、車での来診者に備え、ゆったりと駐車スペースを確保。

<担当スタッフ>

営業担当:
堀端良一(大阪支店)

ご要望の正確な把握を第一に

土地・建物のオーナーであるT様と、診療所の経営者であるM先生の双方のご要望の調整に注力。資産活用物件としての収益性の確保と、地域に愛され根づく診療所設計のバランスのいい両立を目指しました。
設計担当:
辰己輝晃(大阪支店)

作業効率を意識し動線を計画

高齢者の利用が多いリハビリ室は、待合室と診察室からの移動のしやすさを考慮。患者さんとドクター・スタッフの動線が交わらないように配慮しました。
インテリアコーディネーター:
内山美奈子(大阪支店)

安心感が生まれる空間に

地域に根づく診療所をテーマに、外観は温かい雰囲気で入りやすく、内部は癒される雰囲気を念頭に、安心感・信頼感を与えられる空間をめざしました。
工事担当:
為本 功(大阪支店)

工事現場での確認を撒底

病院ならではの特別な工事内容が数多くありますので、工事現場での打ち合わせ及び確認を密に行い、細心の注意を払うことに心がけました。
実例一覧へ戻る
Page TOP