賃貸・福祉住宅 > 建築実例 > 賃貸住宅実例
レジディアコート忠岡(大阪府)
先進の太陽光発電搭載ハイクオリティアパート『レジディアコート忠岡』。

●所在地/大阪府泉北郡忠岡町

●建物用途/アパート2LDK・8戸

●土地面積/1575㎡(476.43坪)

●1階床面積/226.07㎡( 68.51坪)

●2階床面積/226.07㎡( 68.51坪)

●延床面積/452.14㎡(137.01坪)

駅徒歩3分の利便性に加えて守りの堅いセキュリティ設備と
ゆとりある生活スペースを兼ね備えエコロジー&エコノミー仕様にも対応

Page TOP

大容量太陽光発電システム搭載で高付加価値のオール電化アパート

左右の共用階段を中心に4戸ずつ、計8戸の住戸を設けた「レジディアコート忠岡」。 南向きの屋根に、発電量9.45kWと大容量の太陽光パネルを搭載。発電した電力は共用部分の照明器具などに利用するほか、余剰分を電力会社へ売電することで家賃とともに安定した収益をもたらします。 導入にあたっては国などの補助金制度が利用できるので負担を軽減可能。 下左/IHクッキングヒーターは調理中にムダな熱を逃がさないからエネルギーを無駄にしません。また、お手入れしやすく見た目もすっきり。
下右/熱効率に優れたエコキュートを採用し、建物の裏にまとめて設置。IHとエコキュートのオール電化は光熱費節約など入居者にとってのメリットも高く、入居付けの大きなポイントとなっています。
Page TOP
人造大理石製フルオープンのカウンターキッチンは、部屋の広さや開放感をきわ立たせる工夫。
奥様が調理しながらリビングで遊ぶ子どもの姿を見守ることができ、家族との会話も弾みます。
Page TOP
LDKと隣接する洋室は、3枚の扉の開閉により空間の統合・分離が可能。 新婚カップルなら広いLDK、子育て世帯なら寝室や個室と、ライフスタイルに応じられる可変性が特徴です。
Page TOP

主寝室にあたる洋室は約8帖とゆったりした広さを確保するとともに、約2.5帖のウォークインクローゼットを併設。適材適所の収納スペースの配置によって、現代のニーズに対応しています。
Page TOP
玄関内側には収納力のあるシューズボックスを備え、玄関ドアの上部には明かり採りとして機能する小窓をレイアウト。
シャンプードレッサー、洗浄便座、浴室暖房乾燥機能と、水廻りも機能的で快適な暮らしを提案。
Page TOP
左・中/玄関先で訪問者の姿をあらかじめ確かめた上で応対できる、カラーテレビモニター付きインターホン。 LDK内にある給湯リモコンとセットでハンズフリーの受信機を設けました。
玄関ドアは防犯性に優れたディンプルキーの「ワンキー・ツーロック・キーシステム」を採用し、安心感を高めています。
Page TOP
<お客様の声>

確かな実績とノウハウに基づくプロならではの提案で、
用途に悩む土地の価値がさらに高まりました。

今回、サンヨーホームズに相談しようと思われたきっかけは?
<H様> 20年以上も前のことですが、サンヨーホームズさんに自宅を建てていただいたことがそもそもの始 まり。今回の土地は最近まで地元自治体に固定資産税と相殺という形で貸与していたもので、その返還に 伴い、良い資産活用策はないものかと相談させていただくことに。
以前からのお付き合いで信頼していましたので、安心してお願いできましたね。
すべて2LDKのアパートにされたのは、どのような理由からですか。
<H様> アパートはもちろん、駐車場や店舗など、ひと通りのお話はいただいたものの、一度にすべてやるの は大きなリスクを伴います。そこで、サンヨーホームズさんからは「奥行きが80m以上もある土地なので、駐 車場や店舗として利用しにくい奥のほうを、まず賃貸住宅として活用しましょう」と提案していただきまし た。そして、駅近の立地ということでワンルームなども検討。最終的には「単身の高齢者からファミリーや 新婚さんまで幅広い需要に応え、根強い人気のある
経営的にも安定する2LDKでいきましょう」との 説得力あるアドバイスが 決め手になりました。
設備面において、とくに考慮された要素はありますか。
<H様> 使い勝手も経済性も優れ、安全面や管理面でもメリットがあると伺ったオール電化は、迷わず導入 を決めました。また、共用部分の電力をまかなうために太陽光発電を搭載しましたが、思いのほか収益性 がアップ。
「太陽光発電は環境配慮の時代の流れに対応するとともに、 家賃+売電収入による利回りも見込めますよ」
と具体的なシミュレーションを示していただきました。
実際にできあがった間取りを見られた印象・ご感想は?
<H様> とくに目をひくのはフルオープンのカウンターキッチンを備えたLDK。広いほうの住戸タイプなら12 帖を確保しています。さらに浴室は1416のゆったりサイズで、洋室にはクローゼット、主寝室にはウォーク インクローゼットも完備。54.65~58.38㎡という限られた
専有面積を最大限に生かしていただき、 これに勝るプランは他にないように思いますね。
当初のプランから少し変更もあったようですが?
<H様> 初めは建物をもう少し横長にして、南側に駐車スペースをとる案でした。けれども最寄駅から徒 歩3分の利便性もあり、将来的には入居者の車所有率が低下すると判断。南隣の田んぼに建物ができて も採光を遮られない程度の空間を残し、出幅が大きめの効率の良いプランに改めました。 これらを含め、常に
サンヨーホームズさんのリーダーシップのおかげで、 すべてスムーズに進められたと思います。
営業担当:堀端 良一(大阪支店)
太陽光発電は共用部分のみに限って利用するため、売電による収益が効率良く得られます。 一方、エコキュート採用のオール電化にすることで、入居者の光熱費の負担も軽減。 窓はペアガラスと樹脂サッシを組み合わせ、冷暖房効率やエコ性能にも優れた住まいです。
東西に幅のある屋根の南向きの部分を利用して太陽光パネルを搭載。 共用部分の電力をまかなうとともに、余剰分は売電により収益力アップ。
実例一覧へ戻る
Page TOP