賃貸・福祉住宅 > 建築実例 > 賃貸住宅実例
重ね建てタイプ賃貸住宅(三重県)
老朽化した賃貸住宅を建て替えて
地域のニーズに合った全6邸へ一新

●所在地/三重県

●敷地面積/485.49㎡(146.86坪)

●1階床面積/156.51㎡(47.34坪)

●2階床面積/156.51㎡(47.34坪)

●延床面積 /313.02㎡(94.68坪)

経営する賃貸住宅の老朽化に伴い、新たな活用法を検討されたオーナーのHさま。 経営の安定性や節税効果などを総合的に判断し、最終的に選ばれたのが賃貸住宅としての建て替えです。 地域のニーズや物件の供給状況を見極めて計画した結果、募集後すぐに全6室が満室という好スタートとなりました。

ゆとりの広さを実現した収納充実の1LDK。
採光性にも優れた角住戸中心のプランを採用しました。

単身者や新婚世帯を意識した1LDKは、いずれも明るい光に満たされる南東向き。 1階と2階にそれぞれ3 邸ずつ配置し、うち4邸が角住戸になっています。 各住戸の専有面積は50㎡弱と、1LDKとしてはゆとりのサイズ。 1階住戸にはキッチンにパントリーを設けているのに対し、2階住戸には廊下に納戸を設置するなど、収納が充実しているのも特徴です。 全窓にシャッター雨戸を備えるなど防犯性にも配慮しました。

ゆったりとした広さを実現したスタイリッシュなLDK。 バルコニー側の掃き出し窓とキッチン横に設けた腰窓の両側から光が入り、部屋の隅々まで明るく開放的な雰囲気に包まれます。 インテリアは壁や天井の白いクロスを基本に、木の質感を活かしたフローリングやダークトーンの建具でメリハリをつけました。 この角住戸とは対照的に、中住戸の2戸のみは建具も白でまとめ、また違った爽やかなテイストに仕上げています。 LDK内には使い勝手の良い収納を設置したほか、エアコンも完備。

Page TOP

キッチンは対面式のコミュニケーションタイプ。天板がフラットで吊戸棚がないスッキリとしたスタイルです。 ガスコンロが基本ですが、IHクッキングヒーターの住戸も用意しています。

Page TOP

掃き出し窓から陽光が差し込む洋室。全住戸が南東向きのため採光性に優れています。さらに角住戸は、腰窓を併設した2 面採光で風通しも良好。快適な住み心地を提供します。

1階住戸の洋室にはタイプが異なる2つのクロゼットを備え、収納力もたっぷり。また、2階住戸の洋室には大きめのウォークインクロゼットを設けています。

バルコニーへはLDK・寝室のどちらからも出られます。

Page TOP

コンパクトながら機能的にまとめた洗面・脱衣室。

浴室もシックな内装。自動お湯張り・追い焚き機能付き。

トイレは背面の壁に控えめなアクセントクロスを採用。

大きめのシューズ3ボックスを併設した玄関。防犯用にテレビモニターホンも完備しています。

Page TOP

上下階の住戸とも1 階に玄関を配置。間に仕切りを入れてプライバシーに配慮しました。

自転車盗難などの被害を防ぐため、サイクルポートは敷地の奥に配置しています。

6戸中2戸はエコキュート採用のオール電化。
ガス併用住戸との2タイプを用意。

Page TOP
Page TOP

オーナー様の声

耐震性の不安があった木造の賃貸住宅をモダンな鉄骨造の建物へ。
単身者にもカップルにも喜ばれる空間に生まれ変わりました。

所有されていた賃貸住宅の建て替えを、
サンヨーホームズへ依頼することになった経緯についてお聞かせください。

オーナー様 もともとファミリー向けの3戸が並ぶ長屋型の木造賃貸住宅でしたが、築後50年近くが過ぎて老朽化が目立ち、特に耐震性という点で不安を感じていました。 そんなとき、お付き合いがある電気店から紹介されたのがサンヨーホームズさん。 以前自宅を建てていただいたときの良い印象もあって依頼することにしました。

土地の活用法として選択肢はいろいろとありますが、
賃貸住宅での建て替えを選ばれた理由は何でしたか。

オーナー様 当初は賃貸住宅以外での活用を希望し、サンヨーホームズさんから介護事業者をご紹介いただき、介護施設を建てる方向で考えていました。 ところが、すぐ近くに別の介護施設が開業するとわかり、計画を変更。 候補のひとつだった駐車場は固定資産税が高くなってしまうため、最終的に賃貸住宅が望ましいと判断したのです。 過去の経験から収益面の不安もありましたが、サンヨーホームズさんが市場調査を踏まえたプランを提案してくださり、これなら大丈夫だと判断しました。

敷地を有効利用するうえで意識したことや、
実際の計画のポイントについてお聞かせください。

オーナー様 もとの賃貸住宅と隣接する農業倉庫も解体し、広い敷地全体を活かしてタイプが異なる長屋型賃貸2棟を建てる案もありましたが、今回は費用を抑えるため1LDKタイプ1棟のみのプランを採用。 新婚さんの入居も想定し、全6戸に対して12台分の駐車場を確保しています。 各住戸はその駐車場側へ広く視界が開けた南東向きに配置するなど、敷地の魅力を最大限に引き出していただいていると思います。

新しく生まれ変わった賃貸住宅の経営を始めてみて、手応えはいかがですか。

オーナー様 周辺は閑静な住宅地が広がり、賃貸 住宅も新旧さまざまある地域ですが、今回完成した賃貸住宅は競合がそれほど多くない1LDKタイプ。 ゆったりと暮らしたい単身の方に加えて、新婚カップルにも入居していただけるのが特徴でしょう。 もちろん1LDK の間取り自体は他にもあるものの、専有面積が45㎡超の広さとなると希少です。 うまく差別化を図ったプランが功を奏し、入居希望者の反応もいいですね。
営業担当:田村 孝史(中部支店)
安定した賃貸経営ができるよう、事前に市場調査を実施。 駅から近いことも考慮し、単身サラリーマンや共働きカップル向けの1LDKで提案させていただきました。
インテリアコーディネーター:
松本 ちひろ(中部支店)
ご入居者さまごとに好みが異なるインテリアは全体にシンプルを基本としつつ、オーナーさまのご意見も反映させて個性的でスタイリッシュな空間を演出しました。
設計担当:河瀬 賞三(中部支店)
外観はモダンな意匠でまとめ、一般的な賃貸住宅と違った雰囲気を意識しました。 建築費や維持費が高くなる外階段は設けず、全住戸の玄関を1 階に配置しています。
実例一覧へ戻る
Page TOP