賃貸・福祉住宅 > 建築実例 > 賃貸住宅実例
学生寮・食堂棟(兵庫県)

画期的な発想の産学連携で
寮生の受け入れ体制を拡充

学生数の増加に対応するため、新たな学生寮と食堂棟を計画。
大学にも運営企業にもメリットのある手法を採用しました。

●所在地/兵庫県

●食堂棟 /軽量鉄骨造 平屋建

●延床面積/366.02㎡(110.72坪)

●学生寮棟/軽量鉄骨造 2階建 2棟 56戸

●延床面積/1501.32㎡(454.14坪)

●敷地面積/2,880.29㎡(871.28坪)

もともと80名の学生寮を設けていた関西国際大学様では、運動部強化などに伴う学生数の増加で、近年は部屋数が不足。 寮生の食堂も50席と少なく、交代制で対応していました。そこで開学20周年事業の一環として立ち上がったのが、新学生寮・食堂の開設です。

計画の特徴は、土地のオーナー様である大学と、運営にあたる事業主の関西電力不動産開発様が、建物譲渡特約付定期借地権の契約を結んでいることです。大学が家賃保証して日常の管理も行うことで、事業主様は経営が安定。大学にとっては投資の負担がなく、30年間の契約終了後に建物を譲り受けることもできるのが大きなメリットです。 その仕組みをハード面で支えるのが、耐震・耐久性に優れた長期保証付きの建物を提供するサンヨーホームズ。 リーズナブルな価格や長期メンテナンスフリーの仕様が評価され、設計・施工を担当することになりました。
学生寮
2棟構成の新学生寮は計56室。 各部屋2名が入居するためカーテンで間仕切れるように工夫し、バス・トイレ・洗面のほか、デスクやベッド、無線LAN設備を用意。 オートロックのエントランスやシャッター雨戸など、セキュリティにも配慮しています。
定員2名の居室はベッド下収納や壁掛けレールなど空間を効率的に使える工夫も。
浴室乾燥機を装備した機能的なユニットバス。 浴室とは独立したトイレ。
Page TOP
寮内はセキュリティに配慮した中廊下式。
エントランスにスロープを設置。オートロックの共用玄関。
サイクルポート。
食堂棟
食堂棟は、既存の寮生を含めた約200名が同時にゆったりと食事できる広さを実現。 柱が少ない大空間を明るいカフェ調の内装で演出しました。 清潔に保ちやすく丈夫な床材や、消臭機能に優れた壁紙をはじめ、永く快適に使える機能性も兼ね備えています。
食堂棟の外観。
食堂は窓が大きく柱が少ない開放的な空間を実現。

オーナー様の声

工期・費用・仕様のすべてに満足です

希望どおり大学創立20周年のタイミングで竣工。リーズナブルな費用に抑えて高仕様の建物を実現していただき、学生寮・食堂棟としては贅沢すぎるくらいの完成度です。
実例一覧へ戻る
Page TOP