サンヨーホームズ株式会社

サンヨーホームズ
戻る

戸建住宅

【実例紹介】お客さまの声

サンヨーホームズで建ててよかった! お客さまインタビュー

#32 制約の多い旗竿地にゆったり暮らせる 理想の我が家が誕生

木造の中古住宅をリフォームして暮らしていたSさまは、建物の老朽化とお子さまの成長に伴うライフスタイルの変化を考慮し、建て替えを決められました。「ハウスメーカー3社に絞って検討していたところ、我々が伝えた希望をすべて取り入れてプランしてくれたのがサンヨーホームズさん。 高さ規制のある旗竿地で他社が難色を示すのに対し、むしろやりがいがあると親身に対応してくださったのも嬉しかったですね」。 サンヨーホームズの鉄骨構造による優れた耐震性に加えて、限られた敷地でゆとりあふれる生活空間が実現し、「まさに理想どおりです」とご夫妻は満足されています。

大阪府 S様邸

旗竿地、明るいリビング階段、ロフト
■1階床面積/ 59.21㎡(17.91坪)
■2階床面積/ 59.21㎡(17.91坪)
■延床面積 /118.42㎡(35.82坪)
■建築面積 / 59.21㎡(17.91坪)

いつでも家族の姿が見守れるリビング階段併設のLDK。
実生活を考えた細やかな工夫が心地よい日常を叶えます。

「日々の生活が負担にならないように」というSさまの声を取り入れ、LDKと水廻りを1階に配置し、2階に4つの個室を確保。 ご家族が普段くつろぐLDKは、リビング階段を含めて全体が見渡せるよう配慮するとともに、各スペースに床暖房を採用することで建物の高断熱仕様と相まって冬も快適に過ごせます。 トイレ内を合わせて3ヵ所に設けた洗面台、廊下の壁に組み込んだガラス張りの飾り棚のほか、オリジナリティあふれる住まいに仕上げました。

リビング

南側に広く確保したリビングスペースは天井高も2.6mとゆったり。大開口の向こうにテラスを併設し、開放感が際立ちます。 テレビボード背面のエコカラットで壁に表情を持たせたほか、化粧梁を施すことで暖かみのある部屋づくりができました。

ダイニングキッチン

収納充実のキッチンはダイニングテーブルを横付けできるように設計。 キッチン内からパントリーを通して玄関につながり、家事動線がスムーズです。

浴室

マイクロバブルトルネード機能付きの浴室もゆったり。内装は暖かみのある明るい色調を採用。

洗面脱衣室・トイレ

LED照明付き洗面台。壁紙はタイル調に。1階タンクレストイレ。室内には洗面台も。

リビング階段・吹き抜け

吹き抜けの上下に設けた窓から光を取り込むリビング階段。視線が抜けるスケルトン仕様にすることで開放的に仕上げています。

主寝室

シンプルな内装にまとめた主寝室。併設したウォークインクロゼットをアップフロアにして、床下も収納として 活用し部屋下の扉から出し入れできるよう工夫。「細やかなアイデアがいいですね」とSさま。

書斎

ご主人の希望に応えて書斎も設置。書棚を造作し、デスクとベッドが置けるスペースを確保。

洋室

男の子の部屋はロフト壁やロールスクリーンに青色を採用。ロフトは扉を隔てて互いに行き来できます。
もう一つのロフト付きの子ども部屋。女の子を意識してロフト壁の1面を黄色に。

玄関

和室の1つは仏間として使い、もう1部屋はお母さまの寝室に。 吊り押し入れ下に地窓を設けて光を補いました。

外回り

隣家が迫る旗竿地で周囲から建物が見えにくいため、外観はシンプルなデザインにまとめています。 荷物を抱えているときや雨の日などに鍵を出し入れする面倒がないよう、玄関ドアには施錠・解錠がしやすい電気錠を採用。 夜になると人感センサーでポーチにLED照明が灯り、ご帰宅を優しく迎えます。
裏庭は犬走りを設けるとともに砂利敷きにして雑草の繁茂や雨天時のぬかるみを防止。 化粧砂利で意匠性にも配慮しています。

その他

テラコッタ風のタイルで明るく演出したテラス。LDKの外につながり、アウトドアリビングとしてバーベキューなども楽しめます。 屋外に設置したシャワーは外で汚れた物を洗うときに重宝。お湯が出るので冬場も困りません。 高低差があるアプローチには階段とスロープを併設。

担当スタッフ

  • 営業: 中西 正
    最適なプランの提案に努めました

    建物に囲まれた旗竿地という難しさはありましたが、工夫しだいで魅力的な住まいができると考え、最適なプランづくりに設計担当と知恵を絞りました。 廊下の壁に組み込んだ飾り棚やキッチン横のパソコンカウンターをはじめ、細部までSさまの希望を反映しています。

    設計: 住田 良孝
    敷地形状を活かす魅力的な間取りに

    アプローチがある北側から南側へ向けて広がっている敷地形状に着目し、玄関・水廻り・LDKなどの理想的なレイアウトを導き出しました。 南側のテラスに面してゆったりと設けたリビングスペースは、最大限の光を取り込めるように窓の位置やサイズを決めています。

    インテリアコーディネーター: 矢達 真理子
    要所にアクセントを利かせています

    全体的に白を基調としたシンプルな壁紙でまとめ、床は少し落ち着いた色調のフローリングで統一。 一方、廊下およびリビングのエコカラット、トイレの洗面台にあしらったモザイクタイル、子ども部屋のロフトを彩るアクセントクロスなど、所々に遊び心も利かせました。