戸建住宅【実例紹介】

海が見渡せる眺望を生かし心やすらぐ新居を実現しました。

■1階床面積/132.50m²(40.08坪)
■2階床面積/85.29m²(25.80坪)
■延床面積 /217.79m²(65.88坪)
■建築面積 /139.12m²(42.08坪)

住まいに求められたのは「遊び心」
オープンカフェとしての中庭、わが家の映画館としてのシアタールームなど、家族との暮らしやプライベートタイムをより充実して楽しめるスペースをご提案しています。店舗併用住宅としては、店舗スペースとLDKを両極に振り分ける配置で、プライベートゾーンをしっかり確保。また、1・2階の音の問題を配慮して、とくに1階親世帯居室に対しては、上に居室をつくらない構成でやすらげる空間づくりを追求。気兼ねのない明るい2世帯の暮らしを実現しています。

外観はモダンで個性的な重量感のあるフォルムが印象的です。「スタイリッシュで、しかも5年10年後にも古さを感じさせない。どこから見ても顔ができている外観が夢でした。イメージどおりに完成し、満足しています」とご主人。

正面の出入りしやすい位置に店舗玄関をプランニング。メタリックな横ルーバー(横桟)は外観のアクセントであるとともに、居室内への視線を遮る役目も果たしています。

外出先や離れた場所から来訪者や住まいの状況を確認できるホビカカメラを室内外に設置。
さらに、外部侵入に備え死角のないようにフラッシュライトを配し、扉・サッシすべてに防犯機能を備えています。

住宅側への入り口は植栽を配し落ち着いた佇まいに。縦ルーバーの後ろを通ることで生まれる距離感、中庭の広がりと開放感が住まいのゆとりを物語ります。

「気候のいい時はオープンカフェ風にも使ってみたいですね」とご主人お気に入りの中庭スペース。シンボルツリーの緑が、アプローチはもちろん、リビングにも爽やかな眺めを届けます。

玄関を入ると、目の前にワンルームで広がるLDKは、自然の光もたっぷりと呼び入れる明るくのびやかな空間。リビングスペースには、中庭に向けて大きく開け放てるフォールディングサッシを設置し、床暖房も採用。「ここは父のお気に入りの場所。孫たちとのくつろぎを楽しんでくれています」。

お母様やお嬢様たちといっしょに使えるように、カウンターを広めサイズに。「対面式なのでリビングの子供に目が届き、主人が帰ってきたのもすぐわかるんですよ。私の一番のお気に入りの場所です」と奥様。

中庭をはさむ形でリビングの向かいに設けられたシアタールームは、壁・床ともに白に統一。ふだんの生活の場から雰囲気をガラリと変え、住まいの中の映画館スペースとしての特別性をつくりだしています。

お嬢様たちの成長にも備え、脱衣室と洗面室を分離しています。洗面室は広々としたオープンスペースに。親世帯の近くに配置したトイレの入り口は大きく開く引戸を採用。将来的な車椅子の利用にも備え、使い勝手の良さを高めています。

階段は、リビングを通って2階に上がる位置にしながらも、音やニオイが2階に伝わるのを防げるように配慮。光が透けるライトスルー素材を使い、オブジェとしてそのシルエットを中庭からも楽しめるようにプランニングしています。

玄関はおおらかな表情に。鮮やかな絵が映えるように、シンプルな空間を演出。

ゆったり12畳の主寝室は、バルコニーとつながり開放感いっぱい。ウォークイン・クローゼットで収納力もたっぷり確保しています。

バルコニーは、主寝室と同じ広さでプランニング。「夫婦だけのプライベートなバルコニーではなく、花火を見たり、家族みんなで楽しめるスペースとして考えています」とご主人。

以前はテーブルスタイルだった店舗内を、座ってくつろげるスタイルに。「自分の家のような感じでくつろげると、常連さんたちも喜んでくれています」とお母様。

 

 
施主様
施主様

「家族の視点で取り組んでくれる。その姿勢に惚れこみました」

阪神淡路大震災を経験され、高い耐震性の必要を痛感されていたU様ご夫妻。「鉄骨構造の家」を中心に検討された結果、「優れた耐震性とともに、僕らの住まいへの夢に熱心に耳を傾け、いっしょに考えてくれるスタッフの対応や企業としての姿勢が信頼でき安心できました」とサンヨーホームズを選ばれています。ご両親が営まれていた食事処店舗空間もこれまでどおり確保。開放的なLDKやシアタールームを設け、ゆとりあふれる2世帯の暮らしを実現されています。

担当スタッフ

家族のふれあいを豊かに
リビングや階段、中庭の配置を熟考。居室の独立性を保ちながら、家族がどこに居てもわかる、コミュニケーションがとりやすい間取りをめざしました。

 

玄関には包容力をプラス
ご要望は、遊び心があり帰るのが楽しみになる家。玄関には緊張感を与えない包容力、LDKではつくる・話す・集う喜びを演出。豊かな空間提案を心掛けました。

 

営業
中百舌鳥店
平尾 寛樹

設計
大阪支店
北川 茂男

細心の注意で工期を短縮
店舗はご入居後の工事となりましたので、品質の確保とともに、工事の効率化も配慮。スタッフ一同打ち合わせを重ね、細心の注意で工期短縮を図りました。

 

お洒落に生活感をなくして
ジャパニーズモダン系を基本に、生活感のないお洒落なコーディネートを追求。まだ幼いお子様との生活から、床や扉には汚れが目立たない色を選んでいます。

 

工事
大阪支店
川岸 裕二

インテリア
コーディネーター
大阪支店
神田 洋子

戸建住宅【実例紹介】TOPへ戻る