サンヨーホームズ株式会社

サンヨーホームズ
戻る

戸建住宅

【建築実例】平屋特集

おしゃれな平屋をつくるには?外観や
間取りのポイントと建築実例を紹介

開放的で柔軟な間取りが可能な平屋ですが、採光性やプライバシーをどう確保するか、悩んでいる方も多いのではないでしょうか。 本記事では、平屋に暮らすメリットや間取りの注意点、おしゃれな平屋の実例などを紹介します。 平屋を建てる予定のある方は、ぜひ、参考にしてみてください。
平屋実例外観
目次

「平屋住宅」とは|人気の理由を解説

平屋住宅とは、2階以上がないワンフロアの住宅を指します。かつて、日本家屋の多くは平屋でしたが、近代住宅が増えるにつれ、平屋の建築数は徐々に減っていきました。

しかし近年、リモートワークの浸透などで郊外へ移住する方が増え、再び平屋が注目を集めています。ライフステージの変化に対応しやすい平屋は、生涯を通じて住みたい家として若い方々から人気です。また、ワンフロア内で間取りを考えやすい点も、平屋の魅力といえます。

平屋に暮らすメリット

平屋のリビングダイニング例

間取りを柔軟に考えられる平屋は、効率的な生活動線を確保できます。家族同士のコミュニケーションの取りやすさ、階段や余計な壁や柱をなくすことによる暮らしやすさに加え、開放感も平屋のメリットです。

効率的な生活動線

平屋は上下移動をしなくて済むため、家事負担を抑えられます。たとえば、1階で洗濯したものを2階のベランダで干す、買い物時の荷物を各自の部屋に持ち運ぶ、などの煩わしさがなくなります。特に、足腰が弱い方、高齢の方にとって、平屋はおすすめの間取りといえるでしょう。

効率的な生活動線をつくる際には、設備の位置を熟考すると良いでしょう。水回りの設備をコンパクトにまとめると、効率的な生活動線を叶えられます。また、朝の支度をスムーズにできるか、家族がすれ違うときに通路が混雑しないかなども、快適な間取りを考えるヒントになります。

家族のコミュニケーションが増える

コミュニケーションの取りやすさも、平屋に暮らすメリットの一つです。居室が複数のフロアに分離していると、用事があるときに階段を上り下りし、ときには大声で呼びかけないといけなくなってしまいます。その点、平屋は家族が同じフロアにいるため、気軽に声をかけられます。

また、赤ちゃんや子ども、介護が必要な年配の方と暮らす方は、家族の安否が気になるでしょう。あえて部屋の仕切りを少なくして遠くまで視線が届くようにすると、安心して暮らしやすくなります。

階段のないバリアフリーな間取り

平屋は階段がなくバリアフリーな構造で、幅広い年代の方や足腰の弱い方にやさしい住まいといえるでしょう。

平屋は、敷地の形に合わせて柔軟に設計できます。邪魔になりがちな柱を取り除きバリアフリーな間取りにするためには、鉄骨トラス屋根構造が向いています。鉄骨トラス屋根構造とは、天井部分の鉄骨を三角形に組み合わせた骨組みです。体育館などドーム状の建物では、鉄骨トラス屋根構造により、広々とした空間を確保できています。

高い天井で開放的な空間

天井を高く設計できる点も、平屋のメリットといえます。建築基準法により建物の高さの上限は決まっています。複数のフロアがあると、高い天井をつくれないケースは珍しくありません。その点、ワンフロアのみの平屋は、比較的天井を高くできます。

屋根の形に合わせて天井を高くすると、開放的な室内で広々と暮らせます。縦空間の広がりを利用してロフトを設置したり、大きな照明器具を取り付けたりしても良いでしょう。

「平屋」の家づくりで
注意したいポイントと対策

平屋のリビングダイニング例

平屋で快適に暮らすためには、採光性やプライバシーの確保、防犯対策などに気を配りましょう。以下では、平屋の家づくりで注意したいポイントと対策を紹介します。

天窓や中庭を設置して採光を確保する

高さが低い平屋は、周囲に高い建物があると日差しが遮られてしまう恐れがあります。平屋でも明るく暮らすには、窓や中庭を設けるなど、採光できる工夫をするとよいでしょう。

ただし、大きな窓を設けると採光性は良くなりますが、プライバシーが損なわれるかもしれません。周辺環境によっては、天井付近の高窓、床付近の地窓も検討すると、外からの視線を遮りつつ採光を確保できます。

中庭をつくる際は、コの字型やロの字型の間取りを選ぶと、外からの視線を遮りつつ日差しや景観を楽しめます。

外壁を工夫して外部からの視線を遮る

生垣で視線を遮断できたり、人通りが少なかったりする場合は、開放的な大きい窓をつくっても問題はありません。しかし、通りから丸見えになって落ち着かない可能性があれば、外壁を工夫して外部からの視線を遮ることをおすすめします。

プライバシーを考慮して窓を小さめに作っても、おしゃれなデザインは追求できます。たとえば、外壁の一部に木材を使用してみたり、モダンな要素を取り入れてみたりすると良いでしょう。

防犯対策を強化する

1階部分に窓や出入り口が集まっている平屋は、泥棒などに侵入されやすい傾向があります。2階がないため、不在状況がわかりやすくなってしまう点にも注意しましょう。

防犯対策には、窓にシャッターを付けたり防犯ガラスに交換したりする、補助錠を付ける、センサーライトを設置する、などの方法が挙げられます。防犯意識の高い家であると伝わると、悪意ある人に侵入をためらわせやすくなります。

部屋ごとの防音対策で
家族のプライバシーを保つ

近隣住民に対するプライバシーも大切ですが、家族同士のプライバシーにも気を配りましょう

開放感や採光性を重視して壁を省きすぎると、プライバシーが保たれにくくなってしまいます。また、ワンフロアでは部屋同士の距離が近くなるため防音対策が求められます。寝室とトイレ・お風呂は隣接しないように間取りを工夫する、親子の寝室を遠ざけるなどして、家族同士のプライバシーを守りましょう。

【建築実例】平屋をおしゃれにする
外観・間取りのポイント

平屋の建築実例を紹介しながら、おしゃれな平屋づくりに役立つ、外観・間取りのポイントを解説します。家族のあり方や好み、習慣などを基に、理想的な平屋をイメージしてみましょう。

片流れ屋根が印象的な
シンプルモダンの平屋住宅

片流れ屋根のシンプルモダンな外観の平屋

片流れ屋根とは、一方向だけに勾配を持たせた屋根を指します。以下では、片流れ屋根を活かしたシンプルモダンな平屋住宅の建築実例を紹介します。

内装にアクセントを利かせた
開放感あふれる間取り

天井高が2.75mのLDK

天井高が2.75mのLDKは開放感を味わえます。肌触りの優しい天然木複合フローリングや天井の板張り風のクロス、間接照明が穏やかな空間を演出しています。自然のぬくもりのなかに個性的なデザインのソファやダイニングテーブルが生える、メリハリの利いたインテリアになりました。

ポイント②スキップフロアで
メリハリのある空間

LDKと面する和室はアップフロアに
掘りごたつ式のカウンターを設けた和室

スキップフロアとは、床の高さを変えたスペースです。掘りごたつ式のカウンターを設けた和室を、アップフロアにしました。壁を設けることなく、LDKと視覚的に空間を区切っています。和室には引き戸が付いており、必要に応じてLDKと区切ることも可能です。

この実例を見る

2LDKの間取りで開放感あふれる平屋住宅

開放感あふれる平屋の外観

あえて部屋数を抑えると壁の数を減らせ、開放的な雰囲気を得られます。以下では、2LDKの間取りの平屋の建築実例を紹介します 。

ポイント①部屋数を抑えた開放的なLDK

約20帖広いLDK

広々としたスペースに対して、あえて間取りはシンプルな2LDKを選びました。LDKは約20帖です。個室の数を最小限に抑えることで、開放感あふれるLDKを実現しています。

広々とした空間に折り上げ天井などの装飾、石調の床の組み合わせ、エレガントな空間をつくりあげています。

ポイント②玄関を優雅に彩る坪庭

玄関ホールの正面には大きなピクチャーウインドウ
屋根の傾斜が美しい平屋の外観

玄関ホールの正面には大きなピクチャーウインドウを配置し、坪庭を眺められるようにしました。坪庭はリビング、主寝室からも眺めることができ、部屋にいながら季節の彩りを感じられます。坪庭は夜にはライトアップされ、昼間とは違った雰囲気を演出できるでしょう。

この実例を見る

3世代の快適な暮らしを叶えた平屋型二世帯住宅

平屋型二世帯住宅の実例

3世代の大人数となると、平屋に暮らすことをためらう方もいるかもしれません。以下では、3世代が暮らす平屋型二世帯住宅の建築実例を紹介します。プライバシーに配慮した構造と、親子の距離を自然に近づける開放的なリビングが魅力的です。

ポイント①玄関ドアを分けつつも
内で繋がるハイブリット型二世帯住宅

親世帯と子世帯で別々の玄関
玄関ホールの引き戸で繋がる親世帯と子世帯

東側に子世帯、西側に親世帯の生活空間を分けて並べました。南側には大きな庭があり、さりげなく一体感を感じられるよう工夫されています。玄関のドアは世帯別に設置されており、子世帯のホールは、使用する人が多い分広めにつくられています。玄関ホールに設けた引き戸を開けると、2つの空間を繋げることが可能です。

ポイント②ウッドデッキと庭に続く
開放的なリビング

子世帯のリビングダイニング LDK前にはウッドデッキを設置

両親も一緒に過ごすことを想定し、子世帯のLDKには広々とした20帖あまりのスペースを確保しました。LDKは南側の庭に面し、大きな掃き出し窓から日光が降り注ぎます。LDKはウッドデッキと隣接させ、庭にはブランコを設置しました。明るく開放的なLDKには、自然と人が集まります。

この実例を見る

平屋の戸建て・注文住宅なら
サンヨーホームズにお任せください

おしゃれな平屋をつくるには、外壁のデザインや屋根の形状、天井の高さを活かした空間づくりなどがポイントです。生涯快適かつ安心して過ごすためには、採光性とプライバシーの確保、防犯対策なども大切にしましょう。

サンヨーホームズは、人と地球がよろこぶ住まいをモットーに、世代やライフスタイルが変わっても永く住みつづけられる「長寿命」な住まいづくりを提案します。おしゃれで生涯住める平屋の建築をお考えの際は、ぜひご相談ください。

CONTACT

お問い合わせ・資料請求

  • mailマガジン
  • 公式Facebook
  • 公式ツイッター
  • 公式Youtube
  • 公式Instagram
  • LINE公式アカウント