サンヨーホームズ株式会社

サンヨーホームズ
戻る

戸建住宅

【建築実例】吹き抜け特集

開放的な空間を叶える「吹き抜け」のある間取りの家の建築実例を紹介

吹き抜けとは、1階の天井をなくし、2階の天井までを1つの空間にできる建築手法を指します。 吹き抜けは縦に広々とした空間を作れるため、注文住宅の中でも人気が高い間取りです。本記事では、吹き抜けのある間取りにするメリットや、注文住宅の間取りとして人気が高い理由などを解説します。 また、おしゃれな間取りの実例なども紹介しますので、吹き抜けを検討されている方はぜひ参考にしてください。
吹き抜けのあるリビング
目次

吹き抜けのある間取りのメリット

吹き抜けのある間取りにすると、開放的な空間を作れたり、採光・通風が抜群に良くなったりと、メリットがたくさんあります。サンヨーホームズなら、軽量鉄骨住宅の強い躯体を活かし、高い天井高と広い空間を実現する間取りが可能です。

天井高で開放的な空間になる

玄関ホールの吹き抜け

吹き抜けのある注文住宅は高い天井高を確保できるため、開放的な空間を作り出せます。吹き抜けによって1階と2階のスペースが1つに繋がることで、天井による圧迫感が薄まるため、開放感を実感できるでしょう。

また、土地が狭い場合でも、吹き抜けを作ることで実際の面積よりも広く感じられる住宅に工夫できます。とくに、面積が小さい狭小住宅を実際よりも広い空間に見せたい場合におすすめです。

窓を多くとれるので、採光・通風が抜群に

吹き抜けを作ると、縦に窓を多く設置できるようになるため、住宅密集地などでも採光や風の通り道を取りやすくなります。窓を多く設置できると、自然光を多く取り込めるようになり、室内を明るい空間にしたい場合に有効です。十分な採光が取れれば、日中に照明を付ける必要がなくなるため、電気代の削減も期待できます。

また、吹き抜けの窓から風の通り道を作ることで、毎日新鮮な空気を室内に取り込めます。

おしゃれになる

室内に吹き抜けがあると、おしゃれな空間を作ることができます。吹き抜けにデザイン性の高いシャンデリアなどを設置したり、2階の手すり部分をアンティーク調のデザインにしたりするなど、工夫次第でモデルルームのようなおしゃれな吹き抜けに変身させられます。

吹き抜けにしてあえて室内を目につきやすくすることで、普段の生活で細部のインテリアや掃除などにも気を遣うようになるでしょう。吹き抜けは、平らな天井では実現できない空間デザインも楽しめます。

「吹き抜け×リビング階段」が人気!
その理由とは

吹き抜けとリビング階段の組み合わせは、大空間のLDKが実現できたり、家族とのコミュニケーションが生まれやすくなったりするため、注文住宅でも人気が高い間取りです。以下では、人気の理由をくわしく解説します。

1階と2階が繋がる大空間LDKが実現できる

リビングダイニングの吹き抜け

吹き抜けとリビング階段を組み合わせれば、1階と2階の空間が繋がってワンフロアになり、大空間のLDKを実現できます。リビング階段とは、リビングの中に階段を設置する間取りのことです。間取りによっては、階段を設置することでLDKの広さが狭くなる場合もありますが、吹き抜けがあれば、開放感だけでなく採光が取りやすくなり、室内はさらに明るくなります。

家族とのコミュニケ―ションが生まれる

吹き抜けとリビング階段の組み合わせは、家族同士のコミュニケーションの活性化にも繋がります。リビング内に階段を作ると、家族が2階に上がる際は必ずリビングを通るため、家族が外出する度に顔を合わせる機会を作れます。吹き抜けとリビング階段を作ることで、家族同士が顔を合わせる回数が増え、コミュニケーションのきっかけが生まれやすくなります。

吹き抜けで失敗しないために、
注意したいポイントと対策

リビングダイニングの吹き抜け

吹き抜けで失敗しないためには、室温管理をするためにシーリングファン・床暖房を設置する、収納スペースを確保する、LDKから漏れる生活音やニオイへの対策を行うことが重要です。

シーリングファンを設置して
空気の循環効率を高める

吹き抜けを作ると、室内の空気が循環しづらくなります。空気の循環効率を高めるには、吹き抜けの天井にシーリングファンを設置すると良いでしょう。シーリングファンを設置することで、窓を閉め切った状態でも室内の空気を循環させてくれます。寒さ対策をする場合は、足元から暖められる床暖房も効果的です。

また、吹き抜けのデメリットに、冷暖房効率の低下があげられますが、サンヨーホームズなら、高断熱仕様のZEH(ゼロエネルギー)住宅が標準仕様のため、冷暖房の効きも安心です。

2階の床面積が少ない分、
収納スペースを確保する

吹き抜けのある注文住宅のデメリットは、2階の床面積が少なくなることです。吹き抜けを作ると、1階から2階を1つの空間に繋げる必要があり、吹き抜け部分に部屋を作れなくなります。部屋数が減れば収納スペースの確保が難しくなるため、注文住宅の設計段階から収納のための空間を取れるように検討しておく必要があります。

防音・ニオイの対策する

吹き抜けを作ると、1階と2階の空間が繋がるため、生活音が響いたり、キッチンで料理をする際のニオイが2階に充満してしまったりする場合があります。高齢者や小さなお子さんがいるなど、生活スタイルの違う家族が同じ住まいに暮らすことで、生活音やニオイによるストレスが溜まりやすい住環境になってしまうかもしれません。

吹き抜けのある注文住宅を建てるなら、防音や反響音の対策を検討することをおすすめします。また、キッチンのみを壁で囲んだり、洗濯物干し場を吹き抜けから離れた場所に置いたりするなどのニオイ対策を行うことも大切です。

おしゃれな吹き抜け間取りの実例

吹き抜けのある注文住宅を建てるなら、おしゃれな間取りにしたいという方もいるでしょう。ここでは、実例を交えて、吹き抜けへのこだわりなどを紹介します。吹き抜けの間取りを検討する際に参考にしてみてください。

室内窓がおしゃれな吹き抜け

室内に設置された窓がおしゃれなデザインの吹き抜けの実例です。鉄骨構造を採用したことで、自由度の高い間取りとゆとりのあるアメリカンスタイルの住宅の希望を叶えました。

リビングダイニングの吹き抜け 吹き抜けに面した子ども部屋

リビングにのみ吹き抜けを作ることで、開放的な空間と2階のプライベート空間を両立しています。シーリングファンや床暖房を入れ、夏でも冬でも快適な室内環境を維持できる工夫を施しています。

この実例を見る

猫との暮らしにピッタリな吹き抜け

猫用のロフトを設置した吹き抜け

猫が暮らしやすい吹き抜けのヒントを探せる実例です。二間続きの部屋は猫専用で、7匹の猫たちが活発に動けるキャットウォークを作り、吹き抜けには猫専用のロフトを設置している間取りです。

1階の収納スペースの上にはアップフロアがあり、子どもが小さいうちは遊び場所として活用し、子どもが巣立った後は収納スペースとして利用できるように設計されています。また、アップフロアには天窓を付けており、窓から入る自然光が室内を明るく照らしてくれます。

この実例を見る

「吹き抜け×リビング階段」
家族が顔を合わせる回遊動線

リビングダイニングの吹き抜け

注文住宅で人気の吹き抜けとリビング階段の組み合わせが特徴の実例です。浴室や洗面室を2階に置き、1階と2階を吹き抜けとリビング階段で繋いだことで、28.5帖の大空間のLDKを実現しています。

2階から吹き抜けを見下ろす

リビングに階段を設置したため、2階との距離感が縮まり、家族の顔が見えるリビングになっています。吹き抜けは2階の各部屋に回遊できる動線が特徴的です。回遊動線によって、1階と2階で家族が顔を合わせやすい間取りになっています

この実例を見る

吹き抜けのある戸建・注文住宅なら
サンヨーホームズにお任せください

吹き抜けのある住宅は、1階と2階が1つの空間として繋がるため、開放的なLDKを叶えることができます。さらに、吹き抜けとリビング階段の組み合わせは、家族とのコミュニケーションがとりやすい住宅を実現したい場合におすすめです。

サンヨーホームズは、エコで安全・安心な住まいづくりを提案しています。災害にも負けない耐震・制震技術を持っており、100年発想の保証・点検システムも提供しています。安全・安心な吹き抜けのある戸建て・注文住宅を建てることを検討されている方は、ぜひ気軽にご相談ください。

CONTACT

お問い合わせ・資料請求

  • mailマガジン
  • 公式Facebook
  • 公式ツイッター
  • 公式Youtube
  • 公式Instagram
  • LINE公式アカウント