サンヨーホームズ株式会社

サンヨーホームズ
戻る

2050年脱炭素社会の実現に向けた住まい

戸建住宅 2050年脱炭素社会の実現に向けた住まい

  • 2050年脱炭素社会の実現に向けた住まい
  • 2050年脱炭素社会の実現に向けた住まい

ZEHのさらに先にある住まいを
標準化

「2030年には新築戸建の平均で
ZEHをめざす」という国の目標に対し、
サンヨーホームズではZEH水準を上回る
高性能な住まいを標準化いたします。

※ZEH:ネット・ゼロ・エネルギー・ハウスの略

国が目指す断熱性能との比較 サンヨーホームズ標準仕様UA値0.46
住まいのイメージ
1.ZEHの進化にこだわる
地球温暖化やエネルギー問題が心配
未来への気温上昇予想

高い断熱性能と電気を自給自足できる設備が必要

快適性

北海道並みの断熱性能を標準装備

省エネ基準で定められた北海道地域の断熱性能を標準プランで実現。冷暖房を使いすぎることなく、夏も冬も外気温に左右されない快適な室内温度を保ちます。

※ 建築物省エネ法のH28年省エネ基準をさす。

省エネ基準の地域区分と断熱性能の基準値

経済性

ZEH水準の約1.5倍の省エネ効果

省エネ設備により高い経済性を維持でき、今後も予想される電気代高騰に備えられます。

太陽光を除く一次エネルギー消費量の比較

環境

電気は自ら創って使う時代

電気代の高騰に加え、環境にやさしいクリーンな再生可能エネルギーを創って使うことでエコな暮らしを実現できます。

太陽光発電のイメージ
2.建物の強さにこだわる
自然災害が増加し激しくなる傾向に
全国地震動予測地図

自然災害に備えられる
安心の鉄骨構造

強靭な構造体

地震の揺れに強く
柱のない大空間が可能

サンヨーホームズでは一般的な基準より厳しい耐震基準を設定し、同じ耐震等級でも木造住宅が許容する横揺れを約1/3程度に抑えます。また、頑丈な鉄骨構造で最大7.28mの壁や柱のないオープンスペースが可能で、より開放感のある間取りを実現します。

3.暮らし提案にこだわる
高丸大空間へのニーズ
住宅・住宅設備の必要性アンケート結果

大空間のリビングで
思いのままに暮らしをデザイン

自由度の高さ

家族がのびのびと過ごせるワイドリビングが可能

シーンに応じて使える大空間リビングや、家族の気配を感じながらも独立感のあるワークスペースなど、さまざまな暮らし方を叶える住まいを提案しています。

ファミリィSOHOのイメージ
大空間をさらに演出する中2階のファミリィSOHO。暮らし方に合わせて、ワークスペースにもなり、床下を収納スペースにも活用できます。
最大7.28mのワイドスパン サンヨーホームズの「ゆとりモア」

さらに、安心・安全な
住まいの新基準

レジリエンス(防災力)

災害時の停電に備えた
電力をバックアップ

太陽光発電+蓄電池

高効率の発電設備で電気を自給自足でき、電気代の高騰にも左右されません。災害時のほか、電力不足による停電にも備えられます。

太陽光発電のイメージ

V2H(Vehicle to Home)

太陽光発電で創った電気を電気自動車に貯めて、家庭にも走行にも使え、停電時の非常時用電源として役に立ちます。

V2H(Vehicle to Home)の概念図

「年単価」発想

建てた後の維持費をしっかり抑える住まい

高耐久な外壁材

セルフクリーニング効果のあるフッ素コート塗膜の外壁材以外にも、将来に渡って再塗装の必要がないタイル外壁もご用意。優れた耐久性でメンテナンス回数を大幅に減らします。

年単価とは、建築費などの初期費用、光熱費、メンテナンス費を住む年数で割った金額。

タイル外壁
外壁のイメージ

環境・健康への配慮

人にも環境にもやさしい住まいの基本原則

空気・温度の対策

換気やクリーン対策、快適温度を一定に保つシステムを用意。住む人の健康に配慮した室内環境を整えます。

健康のイメージ

環境へ貢献

サンヨーホームズは標準仕様で、現行省エネ基準に対してCO2排出量を83%削減します。

CO2排出削減の概念図

〈試算条件〉●「建築物エネルギー消費性能の向上に関する法律に準拠した「エネルギー消費性能計算プログラム(住宅版)」で算出した設計二次エネルギー消費量等を基にCO2排出量を算出。 ●CO2排出係数については、電力は環境省「電気事業者別排出係数一覧(令和4年提出用)」の一般送配電事業者の調整後排出係数、都市ガスは環境省「算定方法及び排出係数一覧」の別表2を使用。 ●杉1本の二酸化炭素吸収量は関東森林管理局HPを参照。 ※建築物省エネ法のH28年省エネ基準をさす。

※仕様、設備等については、改良のため予告なく変更する場合があります。※地域によっては、一部仕様が異なる場合があります。

資料請求はこちら


  • mailマガジン
  • 公式Facebook
  • 公式ツイッター
  • 公式Youtube
  • 公式Instagram
  • LINE公式アカウント